正直村の広場

ここは正直村のメンバーが
自分たちのことについて・仲間について・狩りについて
お題にそって語りあう20人共作ブログサイトです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
   
PROFILE
LINKS
SEARCH
掲示板:正直村の小部屋
infomation
当サイトでは、承認の無いキャラクターの二次使用、画像・テキスト及びデータの無断転載を禁止します。 Copyright (C) 正直村の広場., All Rights Reserved.
<< ガンプラ王2013 | main | とある狩人の狼煙 >>
エントリー!!

ビグ・ラング

諸元
ビグ・ラング
BIG-RANG
型式番号 MA-05Ad
所属 ジオン公国軍
開発 ジオン公国技術本部
全高 138,0m
全長 203,0m
全幅 139,1m
本体重量 12,000t=9,200t
全備重量 17.900t(推進剤含)
出力 不明
推力 4,600,000kg
装甲材質 超硬スチール合金
武装 大出力メガ粒子砲
ミサイル・ランチャー×8
前面ガトリング砲
頭部上空防御ガトリング砲
30連装ビーム撹乱弾発射筒×4
3連装大型対艦ミサイル×2
搭乗者 オリヴァー・マイ

OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO -黙示録0079-』に登場。なお型式番号のAdはAmmunition Depot、可搬補給廠を意味している。

開発中だった超弩級MAを胴体として流用し、武装及び制御ユニットとしてビグロと連結したMAである。またこのビグロは後期型に属する6号機が使用されており、武装や出力、クロー等が改装されている。胴体部分はMS用の武装を満載した武器庫となっており、MSやモビルポッドをクレーンを用いて1機ずつ格納し、補給及び応急修理を行うことが可能。そのため、操縦室内には通常の操縦系統の他に補給・整備用マニピュレーターの操作系統が増設されている。

本来、その大推力をもって一撃離脱戦法で戦うビグロに大質量のコンテナを接続したため、ビグロの利点だった機動性が大きく損なわれた。そのため、オッゴの移動補給基地として前線に進出し、敵のビーム攻撃に対しては撹乱弾で防御しつつ、上部ユニットの武装で反撃、という運用を想定している。

ビグ・ザムのような対ビームバリア(Iフィールド発生装置)は装備されていないが、弩級装甲ブースターを含め、艦載メガ粒子砲の直撃にも耐える耐ビーム装甲で機体が構成されている。またビーム撹乱弾を装備しており本機のみならず周辺の友軍機をビーム攻撃から守ることが可能だった。だが本来予定されていた巨大な盾を持つ駆動アームが決戦に間に合わず装備されなかったことから胴体下部に大きな死角を抱えている。また、本体とコンテナ部との切り離しが出来ないという欠点もある。ただその分武装は強力であり、メガ粒子砲による一照射で3隻のサラミス級巡洋艦やマゼラン級戦艦一隻を撃沈し、大型対宇宙艦ミサイルは一発でサラミス級巡洋艦を撃沈できるほどである。


劇中での活躍
第3話に登場。当初、乗員にはモニク・キャディラック特務大尉が予定されていたが、彼女が(弟のエルヴィン・キャディラック曹長が戦死したショックによる)戦闘神経症により任務遂行不可能と判断されたため、急遽乗員に任命された技術士官オリヴァー・マイ技術中尉の手によってア・バオア・クー攻防戦にて投入され、エリアの一角である「Eフィールド」の防衛にあたった。実戦経験皆無のパイロットによる未熟な操作にもかかわらず、最初にして最後の実戦において少なくともボール6機、ジム2機、マゼラン級戦艦1隻、サラミス級巡洋艦5隻というエース以上の大戦果を挙げ、最終的に撃破されるも、その攻撃力の凄まじさを見せつけた。また同機を確認した連邦軍側は、「赤いモビルアーマー、こんなフィールドに!?」と驚愕しており、赤い彗星ことシャア・アズナブルの機体と誤認したとも考えられる。
この後、連邦軍が建て直しのために一時撤退した隙をついて、実戦におけるモビルポッド・オッゴへの補給・修理にも成功している。オッゴがビグ・ラング周辺に集まるのを目撃した連邦軍パイロットは、同機を「ドラム缶の親玉」と揶揄していた。
漫画版2巻「戦雲に光を見た」にも、ビグ・ラングと思われる機体がシルエットで1シーンのみ登場している。
                                (Wikipediaより)


「ヨーツンヘイム、間に合いました!」

というわけでビグ・ラング、完成でっす!

 

んじゃー解説。

本作は「IGLOO」に登場するビグ・ラングではなく、「旧キットのビグロに合わせてAdユニットを建造した旧キット版ビグ・ラングとなっております。
このコンセプトにより、ビグ・ラングを立体化する際にネックとなる「ビグロ部分の形が昔のと全然違う」「CG映像による超精密ディテール」、この2点を公然と無視する大義名分を得たわけで、結果、1カ月という短期間での製作を成し遂げました。いわば手抜きの正当化ですが、雰囲気は充分でしょ?

ビグロ部分はもちろん旧キット。モノアイを可動改造、バーニアを大型化し、ユルい関節にABSを入れて強化しただけで形状はそのまま。
Adユニットは95%以上がプラ板・プラ棒による建造。パテ類はキズ・スキマ埋めに少々使ったのみで、大きさの割には軽量・高強度の自信作。ただし時間の関係で中身は入っておらず、完全にタダのハリボテです。左右の装甲板、弩級装甲ブースター及びその基部は、それぞれ関節によってある程度の可動域を有します。
ビーム攪乱弾や大型対艦ミサイルもプラ材での自作です。背中?の3連スラスター×2だけ戦闘機用の爆弾を加工して製作。
ベース部分はガンプラ用のアクションベース。印刷物などを仕込めるタイプのもので、ここではDVDボックスの外箱をコピーして使いました。
ミヤさんモカさんから要望のあった「オッゴ」、個人的にはオッゴと同じくらい欲しかった「観測ポッド」は、時間切れにより配備ならず。残念。
塗装は若干くすんだ赤、黒に近いグレー、白に近いグレーで全体的に渋め。以前ホビージャパンの作例ではド派手なフェラーリレッドでつやっつやに仕上げてましたが、アレどうよ?俺は全ッッッ然、少しも良いと思わなかった!



まぁだいたいこんな感じでしょうかー。うん頑張った。ビグ・ラングは死ぬまでに一度は作りたかったので、ひとまず満足ではあります。ガンプラ王エントリーも無事に済んだので、あとは結果待ちですかね。WEB上での人気作品投票もあるらしいよ?


「これから我々の最後の作品の映像送ります!投票願います!願います!」

…組織票の方、よろしくね☆

| ベビー | 村立美術館 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
れい (2013/05/16 5:49 PM)
完成したのね~
お疲れ様(^^)d

文章読んでるとこうゆうの好きなのがわかるねー(笑)
組織票はわかるけどどうやって投票するのよ?

アストルティア転生ってなんのこと?
れい (2013/06/09 11:30 PM)
一次選考通過おめでとう〜^^
投票しておいてやったぞv









url: http://honest14.jugem.jp/trackback/180