正直村の広場

ここは正直村のメンバーが
自分たちのことについて・仲間について・狩りについて
お題にそって語りあう20人共作ブログサイトです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
   
PROFILE
LINKS
SEARCH
掲示板:正直村の小部屋
infomation
当サイトでは、承認の無いキャラクターの二次使用、画像・テキスト及びデータの無断転載を禁止します。 Copyright (C) 正直村の広場., All Rights Reserved.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
陛下録

こんばんは。
先日こちらに村民として迎え入れていただきました陛下で御座います。

密かにドンドルマ時代から正直村の皆様にはお世話になっていたりするのですが、リアル事情等で長期離脱していた時期もありますので、初投稿は主にMH関連の自己紹介をさせて頂こうかと思います。

「陛下」という名前の由来は元々大学時代のサークルの友人が中の人に命名したことから。当初は「陛下」ではなく「国王」だったのですが、「国王陛下」から「陛下」を切り取って今の形に。ちなみになぜ友人が「国王」と名付けたか、一応理由はあるのですが、多くの方が閲覧されるこの場で語るのは少々憚られるのでご容赦を(笑

MHとの出会いは2007年明け頃、リア友且つこの正直村村民で、現在は休猟中のイコからドスを貸してもらったことから始まりました。それ以前はFF、DQ、バイオ等の超メジャータイトルばかりプレイしてきた自分にとって、MHのシステムや世界観はとても新鮮であったことを覚えています。この頃はハンターカリンガ片手に、クックへ挑戦を繰り返していたものです。(やっとこさ討伐できたのは鉄刀作成後でしたが><)
その後、据置シリーズの特徴でもある初心者には少し高い難易度設定により、クック討伐以降の
狩猟活動が難航する最中、MHP2が発売となり、舞台は雪山の郷、ポッケ村へ。
(就職活動中である立場を省みず、)ここからHakerの狩猟行が本格的に始動しました。
以下はその概歴です。

2007年2月22日
MHP2発売。当時のバイト先の友人4人とともに、ポッケ村を拠点として狩猟活動開始。(うち2人はイコと、以前ここでも少しお世話になったガンズ)
女キャラで、ハンターネームは当時バイトの仲間内で流行った某同人格闘ゲームのキャラ名より「V・SION」

2007年3月
上位ハンターに昇格。なんちゃってマルチロールハンターとして狩猟に明け暮れる。

2007年5月
ミラ一族を一通り討伐。就職活動が佳境を迎える最中、中の人に食中毒が襲い掛かるという悲劇が発生。1週間の入院生活を余儀なくされる。(入院中イコが見舞いに来てくれました。)              

2007年6月
就職活動終了。最初期メンバー4人に加え、新たなメンバーが次々とポッケへ参集し、盛況を迎える。重量武器をメインとするセカンドキャラ「Ferrero」誕生。大剣、ガンスを主に担ぐ。

(この間、Fへ一時参戦するも、すぐに撤退。)

2007年10月頃
MHP2G製作発表をうけ、金冠集め等、P2コンプリートに乗り出す。

2008年3月27日
P2G発売。この頃には狩猟メンバーは最大規模(約10名)に。

(2008年4月    中の人、社会人となる。)

2008年7月
P2Gの傍ら、イコの誘いでドスオンラインにて現正直村の方々と初対面。酒場の清掃係として雇われる。
                   
2009年8月1日
tri発売。同時にロックラックへ上京。担当はドンドルマから引き続き床清掃。まもなくして、ギルド公式床磨き検定試験にて5段に昇格。

(この間、中の人忙殺につき、長期離脱。離脱期間中はポッケに帰郷。)

2010年末〜現在
長期離脱から復帰。メイン拠点を湯煙の街に移す。


とまあ、大まかにはこんな感じでしょうか。
(一部記憶違い等あるかもしれませんが・・><)

アドホックの方でお会いしている方々はご存知かもしれませんが、現在は主に銃槍担いで狩猟に勤しんでおります。(ドスやり始めた頃は憧れの武器種でした。)
前シリーズから仕様が大幅にreviseされたこともあり、今のところほぼ銃槍メインですが、今後他の武器種にも少しずつ触れていきたいと思っています。     

少し長くなりましたが、以上にて自己紹介とさせていただきます。
今後とも何卒宜しく御願い致します。


最後に、「陛下=睡眠耐性-19のひと」 と思っているそこのあなた、、、





概ね、あってます。




with  GUNS,Nacty
(2010.12.29   左からGUN'S   Helhammer(陛下) Nacty)                                  

| 陛下 | ネタ | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
「あの人にアセンぶる!」 (シャア編)
「赤いミドルボウガン?まさか、こんなフィールドに!」

続きを読む >>
| おじさま | ネタ | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
「あの人にアセンぶる!」 (シャア編)
 物資窮乏の大戦末期…。
竜撃弾のフラッシュバックに、奴の影!

続きを読む >>
| ベビー | ネタ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「あの人にアセンぶる!」 (シャア編)

 ども、Braveです

今回は「あの人にアセンぶる!」 〜赤い彗星 シャア・アズナブル編〜
と言う企画についての投稿をさせていただきます。

私なりに頑張って考えてみました、
依頼主が気に入ってくれるかどうか心配ですが・・・w

続きを読む >>
| ぱぱ | ネタ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大イジリ大会総評&レイさん編
 ふくろうで御座います。

長らく続きました「大イジリ大会」
いよいよ終幕と相成りました。

内輪ネタではありましたが、どのコメントも
その人のヒトトナリを良く表していて、
見ごたえがあったのではなかろうかと
思っております(笑)

そこらではチョイと見ない個性的な面々が
集まっているのが「正直村」なのだなぁと
シミジミ感じ入る村長でありました。

皆さん大変お疲れ様でした!

と、ここで終わってもいいのですが…

続きを読む >>
| ふくろう | ネタ | comments(13) | trackbacks(0) | - | - |
大イジリ大会 一行で表そう! ベビー編

長寿企画となったこの大会も、いよいよ今回にて最後とのこと…トリを務めますのは、もはや説明不要かもしれない俺様系支援ガンナー、「ベビー」でございます。

村で1,2を(誰かと)争う態度のデカさに百戦に渡る錬磨の支援術、さらには老舗モンハン系モデラーと、ネタには事欠かないはず…果たしていかなる評価を下されるのか、能天気な期待ばかりが膨らみます。
みどころですな!


続きを読む >>
| ベビー | ネタ | comments(14) | trackbacks(0) | - | - |
大イジリ大会 1行で表そう!:へろ編
おはようございます。へろです。
その主砲、弾入ってないよ?

さて、ハンターへろを15字で表すとなると
「へろへろにしてやんよ」といったところでしょうか。
ハンマーでスタン・減気を狙うというプレイスタイルから。
他意は全くありません。

イジられる点は大方予想が付くので、
いざとなっても怖かありませんが、
格好良い二つ名ばかりにならない事を期待しております。

それでは、おやす眠魚。
| へろ | ネタ | comments(13) | trackbacks(0) | - | - |
大イジリ大会 一行で表そう! おじさま編
どうもどうも、“おじさま”ことラームでございます(ぺこり)
正直なる狩人たちの手を経てきたバトン、確かに受け取らせて頂きました。

まずは恒例の分身に贈る二つ名ですが、『爆撃銃士』としておきましょうか。
ちと単純すぎるかもしれませんが、率直なイメージです(笑)

日頃狩りを共にする皆様の目に自分はどのように映り、どのような言葉として表されるのか。
少なからず緊張を覚えますが、それ以上に大変楽しみです。
辛口甘口ネタマジ問わず、書き込みを頂けると大いに喜びますので、気軽にお付き合いくださいませ^^

それでは、どうぞよろしくお願い致します(ぺこり)
| おじさま | ネタ | comments(15) | trackbacks(0) | - | - |
大イジリ大会 一行で表そう! モカ編
 ついにバトンを頂きました。モカです。
この企画も後半戦。気づけば開始から2ヶ月、ですか。
まだの方はそろそろ覚悟を・・・


自分自身にあだ名を付けるとすれば、
もう、これしかないでしょう。
「双魔」
今、打っていて一発変換で出てしまったことに自分でもビックリ。


さてさて、
昔から、リアルでもネットでも、あだ名が付きにくい質なので、とっても楽しみです。
皆さん、よろしくお願いしますっ!

| もか | ネタ | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
大イジリ大会 一行で表そう! ベル編

ミリオンベルでございます。

何かとお騒がせの私ですけども今回ついにバトンをいただくことに
なりました。
自分としては最近は無理なく楽しめればいいなと思っております。
これからも皆さんにはご厚誼をいただきたいです。

さて、自分で二つ名といったら
「黒い服の支援手」というのが最初のイメージで
それ以上のものは持っておりませんでした。

キャラがブレ気味の暴走中ではありますが
これまでの道のりもあわせて
みなさんのいじり、批評なんでもござれでございます
ただただ、楽しみにしておりますので
どうぞよろしくお願いします!

| ベル | ネタ | comments(14) | trackbacks(0) | - | - |
<new | top | old>